病院で育毛剤を処方してもらえるか

病院での薄毛治療について、育毛剤の処方も含めてお伝えします。
MENU

病院で育毛剤を処方してもらえるか

育毛剤の購入を考えている方、少し立ち止まって考えてみてください。
あなたは本当に市販の育毛剤で大丈夫ですか?
今は、薄毛の悩みを抱えている女性は10人に1人と言われています。
そして、高齢化により、その人数は年々増加しているのです。
ですから、現在薄毛で悩んでいる女性の方々も、隠れて育毛剤を買わなければならないほどではないことでしょう。
種類もたくさんありますからね。
まずは、あなたの薄毛対策にはどの育毛剤が合うか、把握してから買いに行くのことをおすすめします。

 

薄毛の原因

女性の薄毛の場合、主な原因としては以下の理由が挙げられます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 毛穴の詰まり
  • 血行不良
  • 頭皮の乾燥・炎症

 

育毛剤を選ぶ際には、これらの原因のどれにあなた自身があてはまるか、考える必要があります。
たとえば、ホルモンバランスの乱れによる薄毛なのに、保湿タイプの育毛剤を使用しても効果はありません。
今までに育毛剤を使用したけど十分な効果を得られなかった場合、育毛剤の選択を間違っている可能性があります。何が原因で薄毛になったか検討もつかない場合には、病院に行ってみてもよいでしょう。

 

 

病院での薄毛治療

女性の薄毛の場合は、皮膚科もしくは婦人科で相談してみましょう。
現在は、多くのな皮膚科や婦人科で薄毛治療を行うことができます。
診断の結果、育毛剤を処方されることがありますが、医療機関によって処方される育毛剤は、市販のものよりも高濃度の有効成分が配合されていますので、期待も大きくなります。
それならば、市販のものを購入するよりも、医療機関で治療を行った方が断然よいではないか!と思いますよね。
しかし、薄毛の治療は保険適用とはならないため、月に15000円〜30000円と高額の医療費がかかる傾向があります。
ストレスによる円形脱毛症の治療など、一部保険適用の治療となる場合もありますので、まずは一度受診してから決めるというのもよいでしょう。

 

薄毛の原因により、皮膚科か婦人科か受診する機関が変わってきます。
フケや炎症があったり、皮膚にかゆみがある場合は皮膚科
更年期の年齢であったり、産後の抜け毛などの場合は婦人科
を受診しましょう。

 

 

育毛剤の副作用

また、医療機関によって処方される薬に副作用の心配はないのでしょうか。
これは、何とも難しいところではあります。
内服薬である「ミノキシジル」は頭皮以外の顔、体に濃い毛が生えてくるといった副作用の報告がありますし、外用薬も、軽度ではありますが他の部位の毛が濃くなるなどの副作用の報告があります。

 

 

医療機関で処方される薬は、内服薬で7000円から1万円程度、外用薬で5000円から1万円程度とどれも高額です。
これを毎月継続するとなると、やはりそれなりに高額になってきますね。
外用薬で処方されるリアップの女性用は、市販で購入することも可能です。
薄毛の原因に合った育毛剤をしっかり見極めましょう。

このページの先頭へ